翻訳に使って良いものと悪いもの

東京の英会話スクール通っていたので、翻訳を頼まれることがたびたびあります。今から、少量でも翻訳をしてみようと思っているなら、ネットの翻訳サイトは使わないことをオススメします。大分と話題になったので知っている人もいるかもしれませんが、日本語をそれらのサイトで一度他言語に訳し、またその訳した外国語を日本語に戻してみたという動画が人気になりました。本来なら、この結果は最初の日本語に戻らなければいけませんよね。でも、その訳は日本人なら絶対に思いつかないであろう面白おかしい文になっており、腹筋崩壊する最高に笑えるソースとなりました。

日本でも海外でも、これらのサイトを思い切り信じて使った結果、レストランのメニューがおかしなことになったという例が多々あります。たまにテレビでも取り上げられていますね。だから、外国語を日本語に訳すのなら翻訳サイトは絶対に使うべきではありません。使うのは自分の頭であり、そのためには勉強が必要です。語彙に関しては辞書やネットで調べて問題はないと思います。文法や文脈がわかってさえいれば、そのわからない語彙はどれが正しいのか正解がわかるからです。文法もわからないのに単語を調べても、どの訳が正解なのかは曖昧になってしまいます。

となると、やはりキレイな文章にするにはその言語のネイティブスピーカーが必要ですよね。しかし、私もそうですが周りに外国人なんていません。そこで便利なのは、世界中から他言語を学ぼうとしている人が集まるサイトやアプリです。間違いを正してほしいと文をツイッター感覚で投稿すると、フォローしているしていないにかかわらず誰かがそれを正してくれるのです。私も一度アプリをインストールしてみたことがありましたが、日本語を学びたい人が集まるので、そのお返しにとすぐに訂正してくれました。こんな便利なアプリがあったのかと感心したので、「Hello Talk」というアプリはオススメです。すぐには返信が来ないこともあるので、やはり自分の頭を第一に、これは予備として翻訳すれば効率が良いでしょう。

PR|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|お小遣いNET|初値予想|住宅リフォーム総合情報|サプリメント|生命保険の選び方|貯蓄|マッサージのリアル口コミ.com|童話|